活動に伴うカロリー消費に目を向けることは、ダイエットには欠かせません。カロリーを使う活動を積極的に行うことは、カロリー摂取を抑えることと同じくらいダイエット成功のカギとなります。人間の体は、じっとしていても生きていくためにある程度のカロリーを使っていますが、体を動かし、率先してカロリーを消費することで、効率のいいダイエットが可能になります。体温を保ったり、臓器の活動を維持するなどのために、人の身体は1時間に50kcalずつを使っています。

ここに加えてゆっくりめの散歩を行うだけで、1時間に150kcalを使うことができるわけです。また、景色を楽しみながらのローペースのサイクリングでも、1時間の運動で200kcalを消費することができるとされています。新陳代謝が盛んな体質かどうかも、カロリー消費量に密接に関わっています。新陳代謝が活発な人とそうでない人は、同じ運動をした場合でもカロリー消費量が全く違います。女性よりは男性の方が、年配者より若い人の方が新陳代謝は活発な傾向かありますが、個人差によっても異なっています。

体格のいい人のほうが、代謝としてのエネルギーを燃焼しやすい傾向があるそうです。体重を1㎏減らすために消費しなければいけないカロリーは、大体7000キロカロリーとされています。これだけのカロリーの量を一気に落とすのは、かなり体に負担をかけてしまうものです。無理なダイエットを実行して、健康を害しては何の意味もありません。ダイエットを一刻も早く達成したいと思っていても、月に2㎏ほどのペースのダイエットがいいでしょう。ダイエットを成功させるには、食生活による摂取カロリーと、運動などで消費するカロリーの釣り合いを考えることです。